AGAになりたくない!薄毛にならない予防と対策について

将来のために今から薄毛の予防をしないと、10年後に後悔することになります。男性なら薄毛に対する不安は誰もが持っていると思います。家族に薄毛の人がいたら要注意。AGAを発症しないための予防法や発症した場合の対策など知っておきましょう。

*

AGAの予防と対策!薄毛になってから慌てても遅い?

AGA予防・対策のため原因を知る

男性の悩みで多いAGAは男性型脱毛症のことです。男性型脱毛症は、頭頂部や生え際から徐々に薄くなっていく脱毛症です。男性の脱毛症の中で最も多い脱毛症で、悩んでいる人が多いこともあり全国に専門のクリニックがあります。

男性型脱毛症の要因は人によって様々です。脱毛症は原因を知ることで早めの回復が期待できます。一般的に、男性型脱毛症はDHTが主な原因となります。男性ホルモンではテストステロンが有名です。

テストステロンに酵素が結合して生成されるのがDHTで、毛母細胞に作用して脱毛症を引き起こします。DHTだけでなく睡眠不足も男性型脱毛症の要因になります。複数のファクターが絡んで脱毛症を発症することもあるので、薄毛が気になるようになったら早めに医師の診察を受けたほうが安心です。

日頃のケアも重要です。シャンプーは刺激のないシャンプーを使って、洗い過ぎないようにします。洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまい乾燥して薄毛の原因になります。

洗髪した後は育毛剤を使ってマッサージをすることで、有効成分が浸透して抜け毛を防ぐことが可能です。日本はストレス社会で若い人でもストレスによって抜け毛が増えることがあります。できるだけストレスを溜めないようにすることもAGA予防では大切です。

AGAになりやすい人

AGAになりやすい人には特徴があります。遺伝だけでなく食生活や生活習慣が乱れている人は、男性型脱毛症を発症しやすいです。髪の毛を作るためには栄養が必要になります。頭皮に十分な栄養が届かないと抜け毛の原因になります。

人間は睡眠中に細胞を修復するので、睡眠不足が続くと頭皮にも悪影響を及ぼします。栄養バランスに気を配った食事を摂取して質の良い睡眠を取ることは、AGA予防では重要なことです。

仕事や家庭でストレスを受けている人も薄毛のリスクが高くなります。ストレスを受けると自律神経に問題が起こりやすくなります。血管が収縮して血液の流れが悪くなると、頭皮に栄養が届きにくくなります。その結果、抜け毛が増えて薄毛の症状が悪化することもあるので注意が必要です。

ドラッグストアやネットショップでは様々なメーカーが開発した育毛剤を購入することができます。メーカーによって育毛剤の成分は異なりますが、自分に合った育毛剤を使うことで抜け毛を防ぐ効果が期待できます。治療を受けるのが遅くなると回復にも時間がかかります。

特に男性型脱毛症は進行性の脱毛症なので、抜け毛の症状がひどくなる前に専門クリニックで治療を受けることが大切です。

日々の食事でAGAを予防

日々の食事でAGAを予防することは大切です。AGAは、男性型脱毛症という名称でその人が生まれ持った男性ホルモンが強く影響して発症する脱毛症です。そのため、男性型脱毛症を発症する人は生まれながらにしてその因子を強く持っていることを意味します。

ただ、同じように男性ホルモンの影響が強い人であっても、日常生活の送り方によってその発症時期を遅らせることができることもあります。実際に、脱毛症が出てくる時期は個体差があり早い人であれば20代で既にそうした症状を確認することができます。

反対に、男性ホルモンの影響が強くても40代、50代になっても症状が現れないことも珍しくありません。では、具体的にどのような食事が良い影響をもたらすのでしょうか。AGAに効果的であると考えられている栄養には二つの種類があります。

まず、たんぱく質です。これは、髪の毛の主成分がタンパク質で構成されているためでこれが欠けてしまうと根本的に髪の毛を育毛することが難しくなります。

二つ目が、必須ミネラルです。これは、一般的な栄養分としては亜鉛と表記されています。亜鉛は、毛髪の細胞を活性化させて発毛を促す効果があるため質の良い髪の毛を育毛するためにとても有効な栄養であると考えられています。

AGAの予防には適度な運動とマッサージが有効

食事以外にも、マッサージや運動などによってAGAの予防に繋げることは可能です。そもそも、AGAを本格的に治療する際には頭皮の血液の流れを改善することを念頭に置いてカリキュラムが組まれます。

人間の毛髪は、血液の流れによって運ばれてくる栄養分を元に成長していますので、血行が悪くなってしまうと満足な発毛を実現することができません。そのため、適度な運動などを行うことによってAGAの予防にある程度は役立てることが可能です。

運動にしてもマッサージにしても、大切なのは適度な方法で行うことです。急激な刺激を与える行為は、実は頭皮には良くありません。理想は、血中に酸素を上手く取り入れながら刺激を与えていくことであるため、有酸素の動きが理想であると考えられています。

具体的に述べると、ウォーキングやスイミングなどは代謝機能を改善するためにとても良いです。頭皮に刺激を与えるマッサージを行うときも同じで、指の腹を利用して軽い刺激を与える程度にしなくてはいけません。

頭皮は、大きな刺激を与えてしまうと皮脂が分泌されてしまうため、結果的にこれが汚れの原因となって抜け毛に繋がります。ですから、力を入れずに軽く刺激を与える程度の方法が理想的なのです。

公開日: