AGAになりたくない!薄毛にならない予防と対策について

将来のために今から薄毛の予防をしないと、10年後に後悔することになります。男性なら薄毛に対する不安は誰もが持っていると思います。家族に薄毛の人がいたら要注意。AGAを発症しないための予防法や発症した場合の対策など知っておきましょう。

*

AGAの予防はマッサージや有酸素運動

   

頭皮マッサージでAGAの予防をする

AGAは頭皮の血流が悪化しているのでマッサージで血行を良好にさせてあげるのが有効的で、特にお湯で潤う入浴中は体温が上昇しているという観点からも最適です。

前提になるのは必ず爪を使わずに指の中央部を使う事であり、最初は耳の上部に指を4本置いて心地良さが感じる程度の圧力で押していきます。続いて後部にずらしていき同じ本数を使ってケアしていくのですが、押すだけではなくて指を回すようにすると尚更効果的です。

首の大動脈から頭部に血管が張り巡らされているのでこのように下方向から上方向に向かって動かしていくのが大切であり、最終的には頭頂部にアプローチし頭部全体を引っ張り上げるようにしてください。

上手くマッサージができないという方は頭皮ブラシを使ってみるといった予防法も存在し、適しているのは毛先に柔軟性があって動物の毛が使われているようなクッション性が感じられる品です。

押し付けるのではなく軽度に当っているといった感覚を覚える事ができる程の優しさでブラッシングをしていきましょう。

マラソンなど有酸素運動を行う

長い時間座りすぎてしまっている場合は全身が血行不良になるので、頭皮にある毛母細胞に対して育毛させられるための栄養源が行き届かなくなります。最終段階まで成長する前に抜け落ちてしまうのでAGAが進行し続けて薄毛になってしまうため、身体の血管をいかに拡張させられるのかが肝です。

その中でも優れているのはマラソンやサイクリング、ウォーキングという有酸素運動であり血の巡りが健やかになるので頭の先までくまなく栄養成分が行き渡ります。滞ってしまっていた細胞に対する血流が再び良い状態に取り戻せたら、もう一度コシがあって太い髪の毛が生えてくるようになるので根本的な解決になります。

そして運動をすると体温調整のために発汗しますが、汗と共にAGAを誘発する物質の発生が抑制されるので男性ホルモンと結び付けさせないように予防できます。また有酸素だと自律神経の乱れも正常化させられるので、心理的なストレスなどにより生じる抜け毛を予防することにも繋がります。